妊娠中毒症

高齢出産のリスクの一つとしてあげられるのが妊娠中毒症です。
もちろん高齢出産の場合だけに見られる症状ではありません。

妊娠中毒症はむくみや蛋白尿・高血圧のうちどれか一つでも症状がでた場合をさします。
特に気をつけたいのは高血圧です。年齢とともに血圧は上昇するので、高齢出産の場合は高血圧になりやすいのです。
20?30代の出産に比べて、高齢出産は2倍近く妊娠中毒症が起こりやすいとされています。

妊娠中毒症にならないために大切なのは過労にならないことと言われています。
高齢出産の場合、ぎりぎりまで働いている人も多く過労になりがちです。
仕事だけではなく、日常生活でもゆっくりと過ごすことが大切になってきます。

芸能人の方の高齢出産の話を耳にする限りでは妊娠中毒症の話はあまり聞きません。
もしかしたら、芸能人の方も高齢出産に限らず出産前に妊娠中毒症になっているかもしれません。
ただ、たとえなったとしても無事に産まれてきてくれるので公表する必要がないのでしょう。

妊娠中毒症は妊娠28週目以降に起こることが多く、早産につながる場合もあります。
無事に産まれてきてくれる可能性が強いですが、妊娠中毒症の症状が見られたら、すぐに病院に行く必要があります。
妊娠中毒症を防ぐには妊娠前から注意が必要とされています。
標準体重に戻したり、規則正しい生活をしたりすることが大切です。
妊娠後は塩分の取りすぎやストレスを溜めない生活を心がけましょう。


岡崎市の結婚相談所
愛知県を中心に結婚を前提に活動されている男女約8000名の中から条件に合う方をを紹介。
http://peachbell-mikawa.com/